荘島小学校

 HOME
学校紹介
校長室から
教育活動
行事予定
家庭学習の手引

・学校だより「わだつみ」


荘島小いじめ防止基本方針
更新日
2019.05.20






〒830-0042
福岡県久留米市荘島町19-4
TEL:0942-33-0428
FAX:0942-33-0429

メールはこちらへ

個人情報には十分配慮していますが、お気づきの点がありましたらお知らせいただきますようお願いいたします。
ようこそ 荘島小学校へ 明治5年11月28日開校〜創立147年

     学校からのお知らせ   現在はありません。



            


〈7月のめあて:環境ISOに取り組もう〉

学校の教育目標 
 げんきに学んで正しくすすむ子どもの育成  
〈本年度の重点目標〉                            
しっかり考え、よく運動し、自分や周りを大切にする子ども



マーチングの目標
〜8月4日くるめ水の祭典パレードに向けて〜

 
  
 
○今日は、大掃除でした。1学期自分たちが使った教室や廊下、階段や特別教室など、きれいに磨き上げました。今年、特に目を引くのが、「黙々と掃除をする姿」です。今まで以上に、時間いっぱい、おしゃべりをしないで、膝をついてぞうきんがけをしている姿が目立ちます。掃除をがんばる子どもたちのぞうきんは、真っ黒に汚れたものが多いです。だから、バケツの水は汚れ、それを流す手洗い場は汚くなります。それを、最後の最後まで、スポンジできれいにしている子どもたちもいます。きれいになった教室や廊下、汚れのない階段など本当に気持ちがよいものです。夏休みまでラスト1週間となりました。気持ちのよい環境で、まとめをしっかりがんばってほしいです。
7月12日 大久保

○今日の6時間目は、マーチングの練習をしました。8月4日の水の祭典のパレードに向け、4、5、6年生が一同に体育館に集まって、6年生のリーダーが中心となって、めあてや大事なポイントなどを全員で確認しながら練習を進めていきました。4年生は、5、6年生の金管楽器の中に入って、鍵盤ハーモニカで校歌を演奏しました。鍵盤ハーモニカが主旋律を担うので、4年生が入るととても曲がしまります。4年生は、金管楽器や太鼓の音に負けないくらいにしっかりした音を出して弾いていました。1週間前に比べると、ぐーんと上手になっていました。担任の先生に聞くと、休み時間も、家でも練習している人が増えているそうです。限られた時間の中で、「最強のマーチング」を創り上げていきたいと思っています。
7月11日 大久保

○今日は、くーみんテレビで1年生の給食の様子と、6年生の「将来の夢」の撮影が行われました。1年生は、給食を取りに行くところから、配膳をしているところ、おいしく給食を食べているところを撮してもらいました。1年生は、給食を食べる量も多くなり、速さも速くなってきています。食器の返し方もとても上手になりました。
 6年生は、将来の夢を一人ずつカメラに向かって話しました。6年生の夢を聞いていると一人ひとりしっかり考えているなあと思うと同時に、友だちの夢を真剣に聴き、時には笑顔で、時には真剣に拍手を送っている周りの子どもたちの様子を見て、「仲間っていいなあ」と思いました。カメラマンの方も、子どもたちの素直で明るい様子を笑顔でとっていただきました。放送予定日は、7月30日(火)の18時からです。
7月9日 大久保
 
○今日の5時間目は、保育園や幼稚園、こども園の先生方に1年生の国語の学習の様子を見ていただきました。
文字を書いたり、読んだり、発表したり、隣の友だちといっしょに教科書を読んだりしました。3時間目に水泳をした後の5時間目の学習でしたが、みんな汗をかきながらも集中して学習に取り組むことができました。園の先生方も、卒園して三ヶ月たった1年生の成長を大変喜んでくださいました。授業が終わった後、先生方に近寄ってちょっぴり恥ずかしそうに話しかけたり、さよならのあいさつをしたりする姿は、ほほえましかったです。大変お忙しい中にも、時間を作って幼保小連携のために、おいでいただきました先生方に感謝すると共に、子どもたちのよさやがんばりをまたたくさん知ることができた時間となりました。
7月8日 大久保

○昨日は、学級懇談会、2年生と3年生の親子レクレーションにご参加いただきまして、ありがとうございました。2年生の親子レクレーションでは、ストレッチ体操や玉入れで汗を流し、かき氷でのどを潤し、○×ゲームで盛り上がりました。3年生は、「お弁当づくり」で、子どもたちの「きる」「いためる」「もりつける」「おにぎりを握る」などの調理を保護者の皆様に優しく見まもっていただき、とてもおいしそうなお弁当ができあがりました。自分でつくったお弁当、そして大好きな家族の人たちと食べるその味は、格別だったことでしょう。
7月5日 大久保
 
○心配されていた雨もそれほど降らずほっとしておりますが、甚大な被害がでている鹿児島他の地域が、これ以上ひどくならないようにと祈るばかりです。さて、先日お願いしておりました「緊急時引き渡しカード」の記入ご提出、ありがとうございました。これを実際に使うことがないといいのですが、昨今の気象変動や不審者出没率の高さを鑑みますと、楽観はできないようです。
 昨日は、6年生が「成人病予防の学習」を受けました。久留米大学の甲斐田先生が「腎臓の働き」「塩分の取り過ぎの危険性」「高血圧とは」などについてわかりやすく教えてくださいました。子どもたちは、実際に注射器を押したり、キュウリの塩漬けの様子などを見たりして、日頃の、またこれからの食生活を見直していきました。甲斐田先生が「子どもの頃から、自分の体にいいものと悪いものを考えたり、塩の取り方に気をつけたりすることで、病気は予防できます。自分の体は自分で守るという意識を持って、健康で長生きできるようにしていきましょう。」という言葉が大変心に残りました。
7月4日 大久保

○7月に入りました。待ちに待った夏休みまであと14日です。夏休みは楽しいことがたくさんあることでしょう。
 1年生の教室をのぞいてみました。国語の学習で「わたしのたからもの」をみんなに紹介するために、ノートにたからもののことを書いている学習でした。「きいほるだあ」「しゃしん」「ぬいぐるみ」「みにかあ」などいろいろありました。その中に「おとうと」と書いた人がいました。生まれたときは手のひらにのるぐらい小さかったこと、ふにゃふにゃしてとてもかわいいことを教えてくれました。子どもたちの感性の素晴らしさを改めて実感すると共に、心がほっこりするひとときでした。
7月2日 大久保

○6月最後の日、6年生の親子レクレーションが開かれました。今回は「なまえのチカラ」という自分の名前の文字の意味を知ったり、自分のことを名前を使って詩に表したりする活動でした。たくさんのGTの先生方に来ていただき、わかりやすく、心に残るお話を聞かせていただきました。また、お母さんやお父さんと一緒に、自分の名前のことを一緒に話したり、自分が作った詩を読んでもらったり、GTの先生からプレゼントされた詩を読み込んだりしました。とても充実した親子のふれあいの時間となりました。わたしもうれしいプレゼントをいただきました。校長室に飾っています。是非見に来てください。
6月28日 大久保

○今日は、4年生が青少年科学館に見学に行きました。科学館の中では、プラネタリウムの見学もあったそうです。帰ってきた子どもたちに感想を聞くと、「星を見たこと」(プラネタリウム)が一番心に残った人が多かったです。星座の話や宇宙の話をたくさんしてくれました。きれいな月や星を眺めていると、心が落ち着くことがありませんか。梅雨の晴れ間の夕方や夜に、お子様と夜空を眺めていろいろなお話をされてみてはいかがでしょうか。
6月27日 大久保

○朝は、1・3・4・5年生に読み聞かせをしていただきました。どの学年でも静かに集中して聞くことができています。読み聞かせのお母様方が選んでくださる本はどれも子どもたちの心をくすぐるものばかりです。いや子どもだけでなく、私も次の教室に行くのを忘れるくらいに引き込まれます。毎回、読んだ本の表紙をコピーして教室にのこしてくださり、6年間同じ本がないようにと心を配っていただいています。読み聞かせの楽しさから、自分で読む楽しさにつながっていった子どもたちもたくさんいると思います。雨の日、外で遊べないときには、本となかよしになるのもとってもいいことです。是非、梅雨の時期に、本をたくさん読みたいですね。
6月25日 大久保

○10日から今日までの2週間、6年生に教育実習生の先生がいらっしゃっていました。今日は、最後の日で、道徳を教えていただきました。「ものを大切にする心」についての学習でした。「いただきます」「ごちそうさま」の意味や食べ物に携わっている人の思いを考えながら、自分たちの生活を振り返っていきました。最後の振り返りでは、全員が、今日の学習での感想を発表しました。見に来られていた大学の先生が、「自分の方が涙が出そうでした。素直で優しい子どもたちと出会えてうれしかったです。」と言われて帰られました。実習生の先生と短いながらもすてきな出逢いをした6年生です。また、実習生の先生にも、いろいろな人との出逢いを通して、自分を磨いていってほしいと思いました。
6月21日 大久保

○今日は、5年生の算数の学習を参観しました。少数÷少数の学習でした。「余り」を見つける内容です。お互いに自分の考えを友だちと交流しながら、みんなでみんなが分かる方法で学習が進んでいきました。「友だち同士だから分からない時には分からないと言いやすい」「分かるまでみんなが教えてくれる」「分かったつもりでも友だちに説明をしていて、自分がまだよく分かっていないことが分かった」と、子どもたちは真剣に課題に向き合っていました。本年度は、「対話的交流活動」を中心に,自分の考えを深め広げる力をのばしていく授業づくりを進めています。どうぞ、ご家庭でも、算数の学習の様子を時々お子様に聞いてください。宜しくお願いします。
6月20日 大久保

○今日は、1年生と2年生が、歯磨き指導を受けました。正しい歯磨きの仕方は、虫歯や歯周病の予防に大きな効果があるそうです。歯が痛いと、大好きな食べ物も食べることができませんし、気持ちも沈んでやる気もなくなってきます。1本ずつていねいに歯磨きをして、健康な歯をつくっていきましょう。これは、子どもだけでなく、私たち大人にも言えることだそうです。8020(80才で20本自分の歯があること)をめざしてがんばりたいです。
6月19日 大久保

○今日は、読み聞かせがありました。毎回、読み聞かせの会のお母さんが、選んでくださった絵本を子どもたちは、身を乗り出して聞いています。本当にありがたいことです。今日の6年生の読み聞かせでは、子どもたちに本に書かれたいろいろな質問を投げかけ、子どもたちがそれに答えていくという趣向でした。その子の答えに、みんな「なるほどなあ」「へえーそうなんだ」という表情で聞いていました。予想を超える答えに私も「なんと答えるのかなあ」「自分だったら」などと考えながら聞きました。考える楽しさを味わえたひとときでした。
読み聞かせの会では、入ってくださる方を募集してあります。是非、子どもたちに、本の楽しさを紹介してください。
6月18日 大久保

○今日から、教育相談週間が始まりました。子どもたち一人ひとりと、教頭先生と主幹教諭の先生と保健室の先生と
私の4人で分かれて1対1で、10分程度ですが、お話を聞きます。学校が楽しいか、困ったことや嫌なことはないか、がんばっていることなどです。今日は1年生でした。がんばっている勉強のことやだれとどんな遊びをしているのか等いろいろ知ることができました。私たちは、担任の先生と一緒になって、一人ひとりがたのしい学校生活を送れるように、子どもたちの思いや願いを知り、できることをしっかりやっていきたいといつも思っています。たかが10分ですが、されど10分です。子どもたちが自分のことをいろいろ話してくれて、とてもうれしかったです。教育相談の時間でなくても、いつでもいろいろな話をしに来てくれるそんな校長室でありたいと改めて思いました。
6月17日 大久保

○12日は、無事に全学年のプール開きができました。少し水が冷たかったのですが、それぞれめあてを発表したり、注意事項を聞いたりした後に、みんな元気にプールに入ることができました。初めてのプールで緊張気味の1年生も、頼もしい6年生の手や背中を借りて、プールの楽しさを味わうことができました。3年生は、4年生が25メートル泳ぎぐのを見ておおきな拍手を送っていました。2年生は、5年生からバディの仕方を習って、元気にかけ声をかけることができていました。わずか、1ヶ月間ですが、水に慣れ親しみ、泳力を伸ばしてほしいです。たくさんの保護者の方々に、ご参観をいただき、ありがとうございました。
6月14日 大久保



  Copyright(C) 2011 久留米市立荘島小学校 All Rights Reserved