荘島小学校 本文へジャンプ

ホーム
学校紹介
校長室から
教育活動
行事予定
家庭学習の手引
 
 
 
 
 
 
 
 
校 長 挨 拶

第36代校長 大久保 美加
 本校は創立146年になります。卒業生には、ブリジストンタイヤ株式会社を創設し、多大なる地域貢献をされた石橋正二郎氏、天才洋画家といわれ有名な作品を残した青木繁氏、現代工芸の旗手で工芸の推進をされた豊田勝秋氏など、数多くの先人を輩出しています。
 また、荘島校区は歴史ある昔の城下町の名残をとどめています。本町通りにはバルザック像が建てられ文化の香りがする美しい町並みとなっています。
 このように、歴史ある荘島小学校で、校長職を拝命し二年目になります大久保美加と申します。今年度もどうぞよろしくお願いいたします。
 本校は、石橋正二郎氏から贈られ、校歌の一節にもある言葉「げんきに学んで、正しくすすむ」を教育目標としています。昨年度は、「進んで学び(やる気)、お互いを認め合い(元気)、最後までやり通す(根気)子どもを育てる」ことを重点目標にして取り組みました。学校行事や学習活動の中で、子ども達が自分なりのめあてをしっかりもって、最後まで一生懸命にがんばる姿をたくさん見ることができました。 
 本年度は、「しょうじま」の言葉をいかして、「っかり考え、動し、分もりも大切にする子どもを育てる」を重点目標として、思考力、判断力、表現力をのばし、体力や忍耐力をつけ、思いやりや人権感覚を広げることをがんばっていきます。 143名の子ども達一人一人の笑顔がかがやき、保護者や地域の皆様の信頼に応える「笑顔いっぱい わくわく登校 満足下校の楽しい学校」をめざして、職員一同心を一つにして鋭意努力して参ります。ご支援・ご協力をどうぞよろしくお願いいたします。 
 また、本校には、学校・家庭・地域が連携し、共通して取り組む「チーム荘島10条」という素晴らしい指針があります。学校では、@分かる・できる授業をつくり、確かな学力を身に付けさせること A自尊感情を向上させて豊かな心を育むこと B体・食育・健康安全等の学習ですこやかな体をつくることを 家庭では、C家庭学習・読書・手伝いを習慣づけること D子どもとの会話をしっかりすること E早寝・早起き・朝ご飯ができるようにすることを 地域では、F学校へ、手伝いに出向くこと G子ども達に声をかけていくこと H子ども達の安全を守ることを そして共通として、I子ども達へ愛情を注ぎ、あいさつ・温かい言葉・そうじ・自学自習を促していくことを実践し、それぞれの立場で子ども達に関わることを大切にしていきたいと思います。今後とも、ご理解とご支援をよろしくお願いいたします。



  Copyright(C) 2011 久留米市立荘島小学校 All Rights Reserved